予備校浪人と自宅浪人について!あなたはどっち?メリットとデメリット(経験談)

みなさん、どうも『ちゅーやん』です。

今回のテーマは・・・

浪人することについてです。

ちゅうやん
浪人生活大変だったわ~、いやマジで・・・・

今後受験を控えている方&現在浪人中の方の参考になればと思い、私の経験を交えてツラツラ書いていこうと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

ではいきましょう~

浪人した経緯

私が浪人したきっかけは、他でもない譲れない志望校があったから・・・・

ではないんですね。(浪人中に志望校が決まりました)

ちゅうやん
なんじゃそりゃ!?

私は某関西の進学高校に通っていました。

その時の数学の先生の口癖が

男なら一回ぐらい浪人したほうがいい

ちゅうやん
いやいや、おかしいでしょ。少なくとも高校の先生がそれを言ったらダメでしょう笑

絶対浪人してやるかって思いました。そもそも行きたい大学が高校3年生にしてなかった・・・

受験をせずに浪人しようと考えていたところ、担任から

「どこかの大学は受験してこい」

と言われ、しぶしぶ願書出しました。。。

(いま思うと、高校の合格者実績数を稼ぎたかっただけなんじゃ・・・)

現役では、立命館大学と同志社大学に合格しましたが、

「男なら一回ぐらい浪人したほうがいい」

その言葉が頭から離れずに浪人することに。

ちゅうやん
これぞいわゆる刷り込み!?

浪人生活を過ごすうえで、気付いたこと、感じたことを書くので受験生の参考になればと思います。

浪人て?

浪人とは、志望校合格に向けて、勉強すること。

浪人と一言で括っても、予備校などに通って志望校を目指す人もいれば、自宅でコツコツ勉強する浪人、いわゆる宅浪(たくろう)と呼ばれる方もいますよね。

実は私自身両方経験しております。(浪人生活長かった(´;ω;`))

そこで、予備校通い&自宅浪人(宅浪)について私が思ったことを書いていきますので、最後までお付き合いいただけると幸いです。

1)どっちにするべきか(浪人生活)

実際予備校に通うことが志望校合格への最短ルートです。

受験といっても、問題を解けるようになれば合格できるような簡単なものでもないんですね。いわゆる受験テクニックというものを学ぶ必要があります。

(センター試験の対策、志望大学別の二次対策など)

予備校に行くメリットをざっと挙げると、

予備校に行くメリット

自分のレベル・志望校に合った講義

②全国の大学の偏差値(最新)だけでなく、過去問も豊富。

③近年の入学試験の問題傾向をしっかり把握してくれている

周りが勉強する環境になっている

⑤一人一人面談を実施してくれる(予備校による)

⑥模試がある(センター試験・二次試験)

わからない問題があれば講師に質問できる

など多くのサービスがもりもりですよね。

特に!!!!

!!重要!!

自分のレベル・志望校に合った講義

周りが勉強する環境になっている

わからない問題があれば講師に質問できる

は予備校に通うことで得られる最高のサービスだと考えます。

 2)予備校に行くほうが良いのか

前述したとおり予備校に行くことが志望校合格の最短ルートになると考えられますが。

しかし、私自身、宅浪した経験もありますし、金銭的な理由等の家庭の事情で通えない方もいるのではないでしょうか。

宅浪でも勿論志望校に合格することは十分可能です。

ただし宅浪には注意すべき点がいくつかあるので参考になればと思います。

宅浪する際に気をつけておくこと

宅浪するのは絶対に二浪目から! 

最大の理由は勉強の仕方、勉強材料をそろえる、わからない問題の考え方、受験のテクニック(ノウハウ)を予備校で学ぶことができるから。

①モチベーションの維持

これが最大の問題であり、一年中維持し続けなければなりません。

予備校に通っていた時は、周りの刺激によって自然と維持されていたんだなぁとしみじみ実感しました。

②模試の申し込み

模試の申し込みは忘れずに行いましょう。

1年の勉強スケジュールを計画するうえで、いつまでにこの問題はできるようにしておこう、模試までにこの問題は終わらせておこうなど計画的な勉強に繋がります。

③家で勉強しない(時間を決めて他の場所で)

私は、近くの図書館に毎日行って(開館~閉館まで)、自習室代わりとして利用させていただきました、いわゆる”図書浪”。

図書浪の良い所は、生活リズムを維持すること誘惑をできるだけ排除することを目的に利用していました。

(図書館によっても様々で、混雑時の自習ができないところもあれば、そもそも自習目的の利用が禁じられているところもありますので、確認し適正に利用してください)。

まとめ

今回は浪人について私の経験から書かせていただきました。

やはり浪人するなら予備校に行くべきではないかと思います。しかし宅浪でも十分に合格できることが可能です(私も無事志望校に合格することができました)。

皆さんの合格を心から願っております。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事に関してご質問やコメントがありましたらお聞かせください。

(この記事には私の経験に基づく主観的な要素が含まれておりますので、一意見ですので確実なものではありません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA