2019年度 奈良 燈花会(とうかえ) 世界遺産奈良の地から癒しをお届け 2018年度を振り返って見どころをチェック☆

なら燈花会

みなさんこんにちは!ぱーやんです。

突然ですが、夏と言えば、海にプールに旅行にセミ!

 

で・す・が

今年は癒しを求めに奈良に来ませんか?

 

今年も奈良の夏の一大イベントがやってきます!

その名も

『奈良 燈花会(とうかえ)』

今回は『なら燈花会』ついての見どころをお伝えしまーす!



『なら燈花会とは?』

1300年前に都として栄えた奈良。 広大な自然の中に古代日本のおもかげが今も残る。
そんな奈良にふさわしい、どこか懐かしさを感じ、 心を癒してくれるろうそくのやさしい灯り。

「なら燈花会」はゆったりと時の流れる 世界遺産の地、奈良に集う人々の祈りを ろうそくの灯りで照らし出します。

1999年に誕生した「なら燈花会」。
古都奈良にろうそくの灯りがとけ込み、 人々の心にさまざまな感動を与えてきました。

夏のたった10日間だけ、 広大な奈良の緑と歴史の中にろうそくの花が咲きます。

「燈花」とは、灯心の先にできる花の形のかたまり。 これができると縁起が良いと言われています。
「なら燈花会」を訪れた人々が幸せになりますように。 そんな願いを込めてろうそく一つ一つに灯りをともします。

引用元:なら燈花会 公式ホームページより

奈良と言えば、国内の観光客はもちろん、海外からのお客様もたくさん訪れます。

そんな奈良公園周辺で行われる『なら燈花会』の魅力を発信します!

 

こんな人に読んで(行って)もらいたい

☆期間中に奈良へ訪れる予定の方

☆どこか行きたいな~と予定が決まっていない方

☆奈良に興味を持ってくれた方

☆カップルで浴衣デートに

☆癒しを求める方に



どこでやるの?

 

会場は奈良公園一帯で開催されます。

  A.春日野園地

なら燈花会

広い空と東大寺大仏殿を見晴るかす絶景。沈み行く夕日に刻々と色を変える空が深い青色に変わるころ、なら燈花会最大の会場に灯りがうねり広がる。そのうねりは悠久の時の流れをも感じさせ、やがて南都の壮大な歴史へと誘う。
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

 B.浮雲園地

なら燈花会

一面に広がるろうそくの灯りは、地上に描いた天の川 一年に一度会うことが許されている、 牽牛と織女の物語を思い出します。 ひとつひとつの灯りに、願いを込めて灯していけばきっと叶うはず。 この夏、大切な誰かと天の川を渡ってみませんか…
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

  C.浅茅ヶ原

なら燈花会

竹灯りに導かれ、一歩足を踏み入れると、幻想的に浮かび上がる浅茅ヶ原。 竹のオブジェの間にちりばめられたろうそくの灯りが、生い茂る木々の陰影の美しさを際立たせる。 漆黒の闇から灯りに誘われ、いにしえの人々がふらりと現れるのではないか。思わず灯りの中に佇みながら、 古代の人を待ちこがれる。
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

D.浮見堂

なら燈花会

黄金色に輝く浮見堂、鷺池を縁どるろうそくの灯り。それを鮮やかに映し出す水面に漂う小舟。 それはまさに、星の林を漕ぎ進む月の舟。万葉の歌人が夜空を仰いで思い浮かべた天上の世界が今、 水の底から色鮮やかに蘇る。小舟に揺られながら、今少しの間、天上の住人に…
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

E.猿沢池・五十二段

なら燈花会

釆女の悲しい伝説が残る猿沢池。ほたるが寂しげに青く瞬き 、水面に映るろうそくの灯りは、嘆く釆女を慰めるようにゆらゆらと揺れる。 その風景は、時の流れを忘れてしまうほどに穏やかで美しく、悲しい伝説を鮮やかに蘇らせる。 ろうそくの灯りの向こうに、大切な人の面影を浮かべながら、池のほとりで思い思いの時を過ごす。
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

F.甍~IRAKA~

なら燈花会

建物入口燈cafeおいしい食べ物、飲み物が大集合 !中庭に入るとロウソクの灯りと、インタラクションされた樹木ライトアップで幻想的な庭園をお楽しみください。
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

G.興福寺

なら燈花会

やわらかな灯りに照らされた北参道は、凛とした空気が漂う。 その先に浮かび上がる、東金堂と五重塔。ろうそくの灯りを添えられた、 その厳かな雰囲気は、荘厳で神秘的な美しさを際立たせる。そして、国宝館へと続くほの灯り。 昼間とは違った表情の仏様にお会いできる、安らかなひととき。
【点灯時間】8/5~8/14 18:30~20:30

 

H.奈良国立博物館前

なら燈花会

そばに佇む洋館は、まるで月灯りを楽しむように、美しく輝くその姿を木陰に隠し、月を見守る。 空を見上げ、心からの親しみを込めて「お月様」と呼んだあの頃を思い出し、しばし月灯りに包まれる。
【点灯時間】8/5~8/14 19:00~21:45

I.春日大社

なら燈花会

尊い大神が鎮座する国大和。参道を一歩一歩踏みしめる度に、ぴんと張りつめた空気が体を覆い、 大和の神の存在を実感する。万燈籠とろうそくの灯りに照らされた社が暗闇から浮かび上がり、思わず息をのむ。 穢れを一切寄せ付けず、朱に輝くその美しい姿は、尊い大神にふさわしい。
【点灯時間】8/14 19:00~21:45

J.東大寺

なら燈花会

聖武天皇が生涯をかけて建立した東大寺、盧舎那仏の供養には、一万五千もの燈火が灯されたという。 燈火の灯りの中で、天皇は、そして人々は心から平和を願ったに違いない。 千年以上の時を超え、私達は天平の人々と同じ願いを託し、ろうそくのひとつひとつに火を灯す。
【点灯時間】8/13・14 19:00~21:45

 

なら燈花会

奈良公園一帯

 

移動の際の最寄バス停はコチラです

会場名最寄バス停
奈良国立博物館氷室神社・国立博物館前
浮雲園地、春日野園地、東大寺大仏殿春日大社前
浅茅ヶ原、浮見堂春日大社表参道
春日大社春日大社本殿下車(春日大社本殿行のみ)

ところでどんなろうそく?鹿さんは大丈夫なの?

奈良公園といえば、鹿がそこら中にいます。

当たり前ですが、イベント中だから入ってこないでね!なんて鹿さんには通用しません。

そこでどんなろうそくを使っているのか調べました!

 

 

なら燈花会特製

カップ

安全性を重視し、難燃性の樹脂で成形。

色は和紙の透明度に近づかせ、まるで行灯を置いたような落ち着いた和風の灯りを作り出します。

ろうそく

鹿が誤って食べても被害の出にくい植物性油脂が主原料。

ススが出にくく、点火時間が短い、屋外で安定して燃焼し続けるなどの工夫がこらされています。

鹿さんにも安心ですね!

一つ一つオリジナルデザインの入ったカップになっています。

なら燈花会

このろうそくが集まってとても幻想的な世界へと導いています



最後に

いかがでしたか?こちらは去年の様子ですが、浴衣を来た人達が大勢いました。

足元に注意してね!

燈花会

 

また、奈良公園周辺にはおいしいオシャレなご飯屋さんもあるし、燈花会限定の『燈cafe』も出店されます!

※『燈cafe』は奈良春日野国際フォーラム甍~I.RA.KA~前広場にて

全国のうまいものやスイーツが大集合!

 

ぜひ、『なら燈花会』へお越しください☆

 

奈良公園バスターミナル

奈良の新スポット紹介!しかも鹿も遊びに来る!?奈良公園バスターミナルにはスタバだってあるんだぞ!!!

2019年6月2日

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA