とあるキッチンカーの販売者から聞いて思ったこと。人生の勝ち組は間違いなくこれ!!【永久保存版】

キッチンカー

どうもみなさん「ちゅうやん」です。

私は過去に公務員として働いていたわけですが、その中で、イベント等を通じてキッチンカー販売者とお話しさせていただく機会がありました

その方はうちの会社が主催するイベントに何回か来ていただいており、仲良くなることが出来ました。

私はそういった特殊な仕事をしている人って「やっぱり羨ましい」と考えるわけです。

自分がしたい仕事をしていくことが一番だと思っていて、そういった仕事をしてる方ってやりたいことが出来ているんだなぁと。(偏見で申し訳ございません)

みなさんも普段お仕事していると思います。

既婚者の方で家族を養っていかねければいけないという方もいれば、独身で生きる以外に、「いったい何のために働いているかわからない 」という方も少なからずいらっしゃると思います。

生きるために働いてお金をもらうことは当然といえば当然ですが・・・それだけって本当につまらない人生の始まりです。

その点、ごく一般のサラリーマンをしていない方って、私から見ればすごく羨ましいですし、自分のしたい仕事をできているんだなと 、勝手に思っちゃってます。

今回は、そのキッチンカーの販売者に聞いてみて感じたことをただダラダラ書いていきます。(けっこう乱文ですがお付き合いください)


キッチンカーで働くことにきっかけ

その人は独身で、髭を生やしており、見た目によらずすごく若い方です。(ディスリではありません。仲が良いだけです(笑))

見た目は40代前半、実年齢は30代前半です。

以前はごく普通のサラリーマンとして働いていたみたいです。港湾系の仕事をしていたと。

彼の友人がキッチンカーで、各地を巡り、販売をしていたようです。

しかし、友人が早くに亡くなってしまい、そのキッチンカーを引き継いでほしいと、その友人の家族から頼まれたことが始まりだったようです。

ちゅうやん
そんなことあるんですねー

最初は、何から手をつけて良いかもわからず、大変だったといっていましたが、初めてから4年ほどで今では何とか軌道には乗れているようです。


その仕事はやって良かったか

キッチンカーってすごく魅力的な仕事だと思いませんか?

仕事をしていて、お客様と顔を合わせて商売していくなんて。

お客様の喜んでくれる仕事を最前線でできること自体僕にとっては羨ましいです

私の今の仕事は何かは伏せますが、少なからず人のためになっているという認識はあります。

結局のところ直接感想を聞くわけでもありませんし、ましてや顔も見ることはほとんどないです。

本当に今の仕事でよかったかなんて、人生が何回あってもわかりませんが、みなさんに聞いてみたくなること でもあります。

これを読んでいただいている方は、今の仕事に満足していますか?

満足していると思った方は本当に羨ましいと思いませんか?

話が逸れましたが、キッチンカーは私の想像以上に大変な仕事でした。

キッチンカーはイベントに呼んでもらってなんぼの世界ですから、毎月全国を行ったり来たりしているそうです。

毎日寝るのは午前1時を過ぎているうえに、早朝から準備があり5時起き。

その他はほとんど移動時間・・・

でも「やってよかった

といっていた言葉がすごく素敵に聞こえました。

実質労働時間を比べると前の会社のほうがよかっただろうし、給料や、休日も確保されていただろうに・・・

楽して稼げる商売はないと考えています。

ただその中で、本当に自分がやってよかったといえるような仕事に巡り合えることこそが人生の勝ち組といえるのではないでしょうか。

私も現在独立に向け一歩ずつ準備を進めているところではありますが、安定した収入を得れることがなにより大事なのも確かです。

決して、大金持ちになりたいとか、楽して稼ぎたいとかそういう考えはありませんが、話を聞いてみて本当にやりたいことを仕事にして毎日をワクワクして生きていきたいと強く思いました。

やってよかったと言えること自体、人生の冥利に尽きると

まとめ

結局自分の書きたいことをツラツラ書いて、文章もめちゃくちゃですが、読んでくれた方にどうしても伝えておきたいと思い、急ぎ記事にしました。

人生という限られた時間の中で、自分のやりたいことをぜひ探してみてください。それが仕事でも趣味でも何でも良いと思います。

結局はしてよかったといえるように・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA