令和初の今年の漢字は「令」 今年の漢字ってどうやって決まる?いつ誰が決めてるの?

今年の漢字発表

みなさんこんにちは!

2019年12月、今年も残すことあとわずか。

毎年恒例の12月12日、「今年の漢字」が発表されました。

毎年、京都の清水寺で漢字一字を縦150センチ、横130センチの大きな越前和紙に揮毫(きごう)されることで有名ですよね。

揮毫※毛筆で言葉や文字を書くこと。

今年は5月1日より『平成』から『令和』に元号が変更されたということで

“令”

に決定しました。

やはり、、、というか納得の漢字ですね!

 

ところで毎年恒例の「今年の漢字」っていつから、どこで、誰が決定しているかご存知ですか?

 



 

いつから始まったの?

「今年の漢字」は1995年、12月12日を「漢字の日」とし、漢字の素晴らしさ、奥深い意義を伝える為に、日本漢字能力協会が一般公募より募集して始まりました。

なぜ12月12日が漢字の日かというと、

1212→「いい字いち字」という語呂合わせ

だそうです。

以後毎年、漢字は全国より一般公募にて募集し、1番多い漢字が選ばれて発表するというのが恒例となったのですね!

どうして清水寺なの?

「今年の漢字」は、財団法人日本漢字能力検定協会が主催しているそうです。

こちらの本部が京都にあり、その京都を代表するお寺が清水寺であったこと。

検定協会の理事も務めていた森清範さんが清水寺の貫主(かんす)であったこと。

が、理由だそうです。

この森さんが毎年、一字を書き上げているというわけですね。

貫主(かんす・かんじゅ)とは?

貫主とは、1番上の住職のことです。

いつ募集しているの?

その年の11月1日より財団法人日本漢字能力検定協会にて募集開始します。

2019年の今年は216,325票も応募がきたそうです。

その年に相応しい漢字一字とその理由を書きます。

 



 

2019年の漢字

総数216,325票の中、1位となった「令」は30,427票(14.07%)

以後順位と漢字と票数

2位 「新」14,850票

3位「和」10,281票

4位「変」7,749票

5位「災」7,302票

6位「嵐」7,029票

7位「水」6,247票

8位「風」5996票

9位「天」5,101票

10位「税」4,142票

やはりその年の天災や出来事が関係している字ばかりです。

その中でも6位に入った「嵐」は衝撃的すぎるニュースだったことがわかりますね。

まとめ

このニュースを見るとついに年末が近づいてきたという感じがしますね!

興味のある方は来年、ぜひ応募して1位を予想してみては?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA