うさぎを飼うことの魅力やうさぎを飼う前に知っておくべきこと

アイキャッチ

うさぎについて知ろう

みなさんのお宅では、ペットを飼っていらっしゃいますか?我が家では賃貸の犬猫禁止物件になるので、小動物や金魚を飼っています。

そう、元々ペットは大好きなんですね!

今回は我が家のペット、うさぎのホーランドロップイヤー「フランちゃん」を元にうさぎの魅力をお伝えするとともに、これからうさぎを飼おうかと思っている方へ、飼う前に最低でも知っておくべきことを書こうと思います!




うさぎのかわいい魅力を紹介

うさぎといえば、学校の飼育小屋のうさぎさんしか見たことない人も多いのでは!?

うさぎは薄明薄暮性という夕方から明け方に活発に活動すると言われています。しかし、他の夜行性ペットでも同じことが言えるのですが、人間と生活していると照明の関係や人間がかまうこと等で、個体差もありますが、人間と同じように昼間に活動して夜は眠るようになるペットもいます。

うちのうさぎの生活リズムは、我が家に来た当初から、

 

我が家のフランの一日

夜中:静かに寝る

明け方:活動開始!(餌くれコール開始)

お腹いっぱいになったらとりあえず寝る

昼間:遊ぶかお昼寝

夕方:ほぼ毎日寝ている

夜7時ごろ:活発になる(餌くれコール開始)

餌でお腹一杯になれば、くつろぐ

消灯:静かに寝ている

 

という日々の繰り返しです。

夜中、活動している子で、寝室近くだとうるさくて眠れない場合があります。

うちで飼っているハムスターは夜行性で、電気が消えた瞬間、巣穴から出てきて活動するタイプですが、回し車が静かな設計で全く無音です。子供のころに飼っていたハムスターの回し車はうるさすぎて、夜は小屋を玄関に置いていました。静かな設計を開発してくれてありがとう(^^♪

うさぎの睡眠について

 

うさぎって野生では常に狙われる生き物なのです。
なので寝るときもゆっくり眠れないのです・・・

上記で紹介したフランの一日を見ていただければわかると思うのですが、一日のうち、チョコチョコと軽く寝ている時間があります。物音にも敏感に反応し、熟睡はしていない軽い睡眠を何度もとります。人間でいえばお昼寝を一日に何回もしているような感じです。

その中で、目を開けて起きているフリをしながら寝るという技も持っているんですよ!

この時の睡眠時間は軽い睡眠なので5分~15分前後とスーパー短時間睡眠。

寝ているかを見分けるには目を開けてじっとして鼻のピクピクの動きが止まったり少なくなったときです。

基本、目を開けて寝ているときは熟睡状態ではないので物音ですぐに起きます。

しかし、ペットのうさぎさんは狙われることがないとわかっているので、のんびり眠ることができるのです。

寝ているうさぎ

寝ているうさぎ

目をつむって安心してお昼寝をしています。

野生でこんな姿をしたら、すぐに餌になってしまいます。

でれーんとするうさぎ

さてここで一つ、うさぎのリラックスモードを動画におさめた瞬間を披露します!

フラン「お腹もいっぱいだし、あったかいし眠くなってきたでち〜。さて寝るか!」

という究極のリラックスモードに突入する瞬間

勢いよくバタンッと倒れます!!

これはもう毎回キュンキュンさせられるかわいい姿です!

初めて見たときは家族全員で大爆笑でした!うさぎってこんな寝方?と。

飼育して、3年になりますが、今でもこの姿には家族でほっこりさせられます(*^-^*)

基本的にリラックスしているときは胴が伸びきっていますね!

逆に気温の低いときには話は別。

寒いときにまで、伸び伸びしてる場合ではないのです!

しっかり丸まって毛を立たせて少しでもあったかくするポーズ。まさに雪ウサギ!!




こちらがリアル雪うさぎの様子。

丸々うさぎ

丸々うさぎ

丸い!!顔眠い!!

このまま瞼を瞑って寝ちゃいます!

なので冬はストーブをつけてあげます。

 

と、雪ウサギもストーブでとろけちゃった姿がこちらです。

ストーブであったまるうさぎ

ストーブあったかーい

うさぎも温かい所が好きなんですねー!

と軽くフランの様子を紹介したのですが、いかがでしたか?

飼わなければうさぎがこんな姿をするなんて知らなかった方もきっと多いはず!!

ということで、事前に知っておくべきことを紹介します。

うさぎを飼育する前に知っておくべきこと

うさぎは犬や猫と違い、安価で購入することができます。

また、犬猫ほどのお世話や予防接種、お散歩の必要もなく、無駄吠えもないので簡単に飼育できることと思います。

しかし、一つの命には犬も猫もうさぎも何ら変わりはありません。

無知により飼育してその後、思ったよりも違った、と無責任に放棄するという事実は今もまだ存在する現状です。

それを防ぐためにも飼育する前にもうさぎについてしっかり勉強しておきましょう。




うさぎを飼う前に必要な確認事項

 

☑check

①うさぎを最期までお世話ができるかどうか

②家族で飼う場合、家族の了解を得られているか

③他のペットとの相性は大丈夫かどうか

④アレルギーは大丈夫か

⑤うさぎはどの程度のお金がかかるのか

 

仕事で何日も家を空ける方、その間に家族がお世話をしてくれるならば良いですが、それが不可能な場合、飼育することは困難と言えます。

家族で飼う場合は自分以外にも慣れさせてお世話の仕方を全員で共有しておくといいでしょう。

また、他のペットとの相性はかなり慎重にするべきです。

特に肉食のペットには注意しましょう。

最悪の場合、どちらのペットも怪我もしくはストレスで死んでしまう場合があります。

うさぎはショック死をしやすく、また、縄張り意識の強い生き物です。別々の部屋で飼うなどの配慮が必要でしょう。

アレルギーについては、犬猫の飼育時でもそうですが、飼育してからアレルギーが出て、手放すことになったという事例はよくあります。

アレルギー検査を飼育前に行っておくほうが良いでしょう。

うさぎについては、毛、埃、チモシーなどの牧草を食べるのでこの辺りの検査が必要となります。

うさぎを迎える準備をしよう

さて次はうさぎを迎える準備です。

うさぎは小さいものだと2キロくらい、大きいものだと5キロくらいの大きさがあります。

ペットショップで売られている最も多い2種類を紹介します。

「ネザーランドドワーフ」

上に短く立ち上がった耳が特徴。

平均体重、1キロ前後と小型。

かわいらしい大きなお目目に人に良くなつく人気の種類。

「ホーランドロップイヤー」

下に垂れ下がった長い耳が特徴。

基準体重は1.8キロ。

甘えん坊でおっとり癒し系うさぎ。

アメリカではセラピーアニマルとしても活躍しているこちらもメジャーな種類。

うさぎのホーランドロップイヤー

うさぎのホーランドロップイヤー

まずはどの種類のうさぎにするか、何件もお店を回ってみるといいでしょう。

見た目だけでなく、個々による性格もきちんと選ぶポイントです。

 

どこを見て選べば良いか

毛質、月齢、性別、健康かどうか(目ヤニ、毛並み、便の状態など)

 

毛質

うさぎは換毛期が多いです。

換毛期については、大換毛期が夏と冬で年に2回、それ以外の小換毛期が春と冬にあります。

しかし、室内で飼育されているうさぎは室温に影響されるので、これとは限りません。また、2週間で終わる子もいれば、ダラダラと年中、換毛期のようになっている子もいます。

うさぎはペロペロと毛づくろいをします、が、毛を吐き出すことができないため、飼い主が定期的にブラッシングをしてやる必要があります。

大量に毛を飲み込んで毛球症という胃腸の働きが低下する病気にかかりやすいので、換毛期は特に毎日のブラッシングが必要になります。

 

月齢

よくペットショップで売られているうさぎの中には、生後1ヶ月の子がいたりします。

うさぎの生後2か月未満の仔は大変弱く、さらに早く乳離れさせた赤ちゃんは免疫力も弱く、環境の変化も激しいため、購入するには望ましくないといえます。

なので、2か月以降の赤ちゃんを購入するようにしましょう。

 

性別

個々の性格もあるのですが、うさぎの雄と雌とではそれぞれに特徴があります。

縄張り意識が強く、スプレー行動と呼ばれる、オシッコをまき散らす行動をすることもあります。

このため、ゲージ周りに囲いが必要だったり、こまめに掃除をしないと、臭いの原因にもなります。

あごをこすりつけて、自分のテリトリーの臭いつけの行動が多い。

妊娠していないのに「偽妊娠」という、巣作り行動をしたりする。

大人になってからかなりの確率で子宮の病気にかかりやすいので、子供を産ませる予定がなければ、1歳未満のうちに避妊手術をさせたほうが良いと言われている。

我が家のフランちゃんも1歳前に避妊手術をさせました。もちろん簡単な手術ですが、リスクも伴います。

先生からはショック死する場合もあると言われました。なのでこれは飼い主さんが良くしっかり考えて決めて下さい。

ちなみに、病院により値段設定が異なるのですが、うちは3万ほどかかりました。手術前、手術日、手術後と3回通院しています。

また雌の首周りには、脂肪の塊のようなフサフサの毛皮を首にまとっています。

これは妊娠した時に首の毛をむしって巣作りするためのものです。

 

健康かどうか

きちんと世話をされてきたか、活発に行動しているか、健康的なうんちをしているか(牧草をきちんと食べていれば茶色いコロコロ)

足や爪も怪我はないか。ハゲはできていないか。




最初に最低限必要なお世話用品

ゲージ

大人になっても使える余裕のあるサイズを選びましょう。

ゲージの中には、トイレ、餌箱、牧草入れ、お水が必ず入ります。狭すぎず、過ごしやすさと、飼い主さんの使いやすさを重視に選びましょう。

理想は両手足をのばしても余裕のあるサイズです。

ちなみに、我が家のゲージサイズは、横70センチ、奥行き40センチ、高さ30センチの広々ゲージです。

上からも前からも開けられるタイプです。

また、下に引き出しがあるので、すのこから落ちた、チモシーやフンが簡単にお掃除できます。

うさぎ小屋のゲージ下引き出し

うさぎ小屋のゲージ下引き出し

 

トイレ

体格に合ったものを選びましょう。

主にプラスチック製か陶器製が主流です。

我が家では、初めプラスチック製を使用していましたが、ひっくり返そうとするのと、かじって遊ぶようになってしまい、今では、陶器製を使用しています。

トイレの中にうさぎ用のトイレ砂を入れてやると、臭いが抑えられます。

フンと一緒にそのままトイレに流せるタイプもあります。

 

すのこ

うさぎは犬と違い、肉球があるわけではありません。足の裏は毛で覆われています。

足裏に負担がかかりにくくするために、すのこは必要です。

すのこの主な素材は、木製、プラスチック製、金属製があります。

木製はかじったりできるのですが、その分とげができやすく、カビも生えやすく、掃除もしにくいため、プラスチック製か金属製がよいでしょう。

また、人間が使用するように売られているすのこでは、薬剤が塗られていたり、釘が使われていて大変危険です。

うさぎは、舐めたりかじって食べたりするので絶対に使用しないで下さい。

うさぎゲージに付属のすのこ

うさぎゲージに付属のすのこ

 

水飲み

外からつるすタイプの給水ボトルだと、ひっくり返す心配もなく便利です。

ボトルが苦手な子や、老うさぎには直置きの陶器製ボトルが良いでしょう。

うさぎの水飲みボトル(外掛け)

うさぎの水飲みボトル(外掛け)

 

牧草入れ

外からはめ込むタイプ、中で固定するタイプなど様々な種類があります。

こちらもプラスチック製や、木製、陶器製など。

木製は噛むことも可能なので無くなれば定期的に買い替える必要があります。

我が家はプラスチックは噛んでしまうので、陶器製のお皿でおちつきました。

うさぎ用ではなく、人間用として売られていたお皿です。

餌箱も陶器なので、餌がなくなると、食器と食器をカンカン音を鳴らしてたり、食器と食器を重ねて置いてます。

それがうちのフランちゃんの餌がなくなったぞーの合図なのです。

うさぎの牧草入れ

人間用の食器を使っています

 

餌箱

プラスチック製か陶器製です。

洗いやすさも含めてプラスチック製よりは高いですが、陶器製をおすすめします。

陶器のうさぎ用エサ入れ

陶器のうさぎ用エサ入れ

 

ケア用品

・ブラッシング用ブラシ

こまめなブラッシングをしましょう。

・爪切り

飼い主さんが切れなければ、動物病院でカットしてもらいましょう。

うさぎ用の爪切り

うさぎ用の爪切り。かじられてます

 

キャリーケース

災害時や急な病気で連れ出すことがあるかもしれません。

抱っこのままでは、うさぎもびっくりして逃げてしまいます。

逃亡防止のためにも、キャリーケースは必ず用意しておきましょう。

うさぎのゲージ

うさぎのゲージ

 

遊び道具

うさぎ用の安全なおもちゃを選んであげましょう。

うさぎ用おもちゃ

木のうさぎ用おもちゃ

 

餌は初め、ペットショップで与えられていたものをあげましょう。餌の変更をするときは混ぜて割合を少しずつ変えていきましょう。

うさぎは餓死してでも知らない食べ物は食べない頑固さんです。

若いうちは、脂肪分の少ないものを選び、固いペレットを与えましょう。

体重の1.5~3%を目安に1日2~4回にわけて与えます。

 

牧草

チモシー、アルファルファがあります。

若いうさぎさんにはチモシーがよいです。

アルファルファは栄養価、嗜好性が高いので成長期や妊娠中や授乳期のうさぎさんなどに。

牧草はどれだけ食べても良く、飲み込んでしまった毛を排出させる役目も持っているので、なくなったら与え続け切らさないようにしましょう。

最後に

うさぎは犬猫ほど感情を表に出しません。

それでも、嬉しいとき、怒っているときには小さな声でなきます。

嬉しいとき垂直飛びをしてみたり、かまってほしくないときにはひたすら飼い主にお尻を向けて壁をじっと見ていたりと、うさぎなりの感情表現が豊かでとっても癒される生き物です。

これからうさぎを飼おうと思っている方に、これを見てうさぎのことを少しでも理解して最期まで家族として大事に飼っていただけたらなーと思います。

ご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

1 個のコメント

  • 可愛い〜w
    うさぎの事よく知らないけど、そんな姿するなんて、信頼関係が結ばれてるんだと思います^_^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA